生きてればいいよ!

新卒で青年海外協力隊に参加。帰国後3ヶ月でまたベナンに戻って活動を続けている、そんな若者の生きざま。

ベナンから、人生のすべてから逃げたくなってしまった。

ああ、精神的にまいっています。すべてから逃げたい、超ネガティブモード。

 

現在はビザ更新のために1週間ほど前から最大都市コトヌーに来ていますが、手続きがうまくいかず、さらに市役所の偉い人からも「もっと学ぼうとしろ」「こんなやり方じゃダメだ」と言われ。

 

書いたらすっきりすることを期待して、勢いに任せて今の気持ちを書きます。弱音吐きまくりですみません。

 

うまくいかないビザ更新

私は3ヶ月有効のビザで10月にベナンに入国したので、2020年1月にビザが失効します。ビザの更新が必要なので、その手続きのために最大都市コトヌーに来たのが12月15日のこと。

f:id:RicaH:20191217044548j:plain

ビザ更新をする移民局

ビザ更新は3営業日のみで終わると知人から聞いていたので、この文章を書いている12月19日にはビザを受け取り、明日には活動地ジュグーに戻るつもりでいました。

 

ところがどっこい。

 

最初に申請書類を提出しに行った時には書類が足りないと言われ、すべて揃えて翌日持っていったら受け取ってもらえたのですが、そこから2日間進展なし。私の書類はまだ目を通されていないらしく、提出した場所に放置されたままだと言われました。

 

JICA海外協力隊の身分としてベナンにいない現在、以前より常に心にストレスがかかっています。まともに収入がなく、貯金を切り崩して生きています。慢性的にある金銭的なストレスに加え、最大都市コトヌーでの長期滞在は痛い。ホテル代も、食費も、バカにならないほどかかります。

 

私のビザ更新がウェルカムじゃないなら、とっとと荷物まとめて日本に帰るわ。そう思うくらいには精神的に参っています。

 

うまくいかないNGO起業

うまくいかないビザ更新に追い打ちをかけるように、昨日市役所の偉い人からちょっとした小言を頂きました。本人はきっとアドバイスのつもりで、そして私もその場ではアドバイスだと思って聞いていたのですが、後から思い返すとじわじわ心をえぐってきます。

 

「時間を持て余しているなら市役所のために何かできることがあるか聞け。向上心を持ち、つねに学ぼうとしなさい」

「市役所のアメリカ人ボランティアを見ろ。彼女はうまく立ち回っている」

「NGOの経営に関して誤解があるようだけど、きみたちはスケジュール管理がまるでなっていない。ひとつずつ行き当たりばったりではなく、先を見通して進めないと時間がかかるよ」

 

そうなのです。私も自覚していますが、私たちのやり方はとてもじゃないけど褒められたものではない。登記ひとつに時間もかかりすぎている。なぜなら、具体的な計画を立てていないから。

 

何をいつまでに終わらせるという大雑把な目標はありましたが、細かくは立てていませんでした。正直に言うと事前にNGOの仕組みや登記のプロセスをきちんと調べていなかったことや、予測できない事態の多さへの諦めからでした。また完全に言い訳ではありますが、ダウダの無理のないペースで取り組むことも大切にしたかったのです。

www.ricahirao.work

 

また、「学ぼうとしなさい」という言葉はけっこうダメージが大きいです。私は毎日自分でやることを探して取り組んでいるつもりだし、誰よりも私自身が学ぶことへの強迫観念がとても強い人間です。時間を無駄にすることへの恐怖がとても大きい人間です。

 

特に、協力隊同期たちの帰国後の進路や活躍を知ったときの焦りは半端ない。私はまだベナンにとどまって、しがみついて、今後にどう生きるかもわからない日々を送っているのかと、とても不安になります。

 

他人と比べるなと言いますが、比べています。どうしても周りの活躍は目に入ってきます。学歴にも、職歴にも、お金にもならないのに、私は一体ここにとどまって何をしているのだろうか?

 

そしてわりときついのは、ダウダや他のメンバーが頑固な面があること。私が何か言ってもあまり聞く耳は持たず、修正せずそのまま進んだ先で困難にぶち当たり、私が言ったことが正しかったよね、ということがすでに何度かありました。それでまた、無駄な時間を食うという繰り返し。私の言うことを聞いてくれないのに、市役所の課長らは私にばかり経営の仕方をアドバイスする。直接他のメンバーに言ってほしいですし、それは伝えました。

 

更新できない動画、ブログ

継続することを目指すと、継続できない自分を責めるようになります。ビザやNGO登記もうまくいっていないのに、ブログや動画での発信も定期的に行えていないそんな自分ですら嫌になります。

 

やる気にならないとか甘えるなよ、と自分を叱咤するのですが、それでもビザ更新の壁やかけられた言葉にまいって動けなくて、さらにそんな自分を責めてしまいます。

 

相談できる相手がいない今

そんなこんなをブログに書いているのも、そうしたことを相談できる相手がいないから。

 

日本にいる友人らにこんなことを話しても返事に困るだろうし、ベナンにいる現役の協力隊員に話したところで立場が違うんだから彼らも返事には困るだろうと思うと、結局誰に宛てるでもなく、ブログに書くことで発散するしかありませんでした。

 

寝て起きて、明日になって、気持ちが楽になっていることを願うだけです。ネガティブになるのは仕方ないけれど、だからと言って放棄していいわけではありません。やるべきことを、ただ淡々とやるだけ。感情なんて邪魔だなあ、と思っています。