生きてればいいよ!

新卒で青年海外協力隊に参加。帰国後3ヶ月でまたベナンに戻って活動を続けている、そんな若者の生きざま。

ベナンでのビザ更新の値段、必要書類は?どこでできる?

f:id:RicaH:20191224025533j:plain

ベナンのビザ更新したぞーい

個人でベナンに入国して約3ヶ月が経ちました。

 

入国時に取得したビザがそろそろ期限切れになりそうなので、最大都市コトヌーにてビザ更新にやってまいりました。日本語でのベナンのビザ取得・更新情報がほぼ皆無なので、入国時のビザ含めまとめておこうと思います。

 

もくじ

 

1.ベナン入国時のビザ

ベナンは2018年4月からe-visaを導入しており、入国のためのビザはオンライン上で申請・取得します。このビザの有効期限は3ヶ月です。有効期限6か月以上のパスポートとクレジットカードがあれば数分で取得できます。ちなみに、e-visa申請画面は英語とフランス語のみです。

 

ベナンのe-visa申請はこちら↓

Accueil e-visa

 

f:id:RicaH:20191217052326p:plain

e-visa申請のホーム画面

e-visaの導入に際して、在京ベナン大使館でのビザ発行はストップしました。クレジットカードさえあればかなり楽になったはずなのですが、私のクレジットカードではうまく申請が進まず、逆にかなり困りました。(結局友人のカードを借りてビザを取得)

 

ビザ申請した日から有効なのではなく、申請画面に入力する「ベナン入国日」からビザが発効します。ですので、ある程度余裕をもって申請しても問題ありません。

 

申請に問題なければ数分後、ビザ申請画面に入力したEメールアドレスにPDFでビザが届きます。メールにも書いてありますが、このビザを印刷して紙で持っておきましょう。多くのケースでは、入国時に提示を求められます

f:id:RicaH:20191217044308j:plain

e-visaは印刷しておきましょう

 

2.3か月を超えた滞在のためのビザ更新の場所と受付時間帯

さて、本題です。e-visaでベナンに入国し、やることがあって滞在が3か月以上になることってありますよね。ここから下はそんな日本人に向けた記事です。(滞在が3か月以上になる場合は在ベナン日本大使館に在留届を提出しましょう。こちらからです→在留届 - インターネットによるオンライン在留届

 

ビザの更新はコトヌーで行います。Institute françaisの通り、中国文化センターの斜め向かいにあるDirection de l’émigration et de l’immigration(移民局)にてビザ更新だけでなくパスポート発行も行っているようです。

f:id:RicaH:20191217044548j:plain

移民局の看板

 移民局の場所は以下の通り。


申請書類を受け付ける時間帯、ビザを受け取れるも決まっています。以下、該当の時間です(2019年12月17日時点)。ボードには書いていませんでしたが、お役所なので月~金営業、土日祝日休みという前提です。

 

書類受付時間
午前 8時~10時
午後 15時~17時

受け取り時間
午前 8時~10時
午後 15時~18時

 

3.ベナンでのビザ更新で得られるビザの種類、値段と必要書類

ビザを延長する場合、いくつかのパターンがあります。移民局のHPの情報をもとに、申請できるビザを以下に列挙します。(参考:Visas | Direction de l'Émigration et de l'Immigration

 

(1)短期滞在ビザ

有効期間 3ヶ月
値段    52,477fCFA(80ユーロ)
必要書類 有効なパスポート、パスポートの身分証明ページのコピー、ホテルの予約証明または住居証明(Attestation de résidence; 区役所で入手可能)、カラー証明写真一枚(背景は白)
条件   ベナンに滞在する目的を説明できること

 

私の知り合いの何人かの日本人の情報によると、申請書類がきちんとそろっていれば3営業日で発行できるようです。私は長期ビザが難しそうなら短期ビザを取れればいいやと思っていたのですが、結局長期ビザの申請となりました。

 

(2)長期滞在ビザ

有効期間 6か月~12か月
値段   118,072fCFA(180ユーロ)
必要書類 短期滞在ビザと同様
条件   短期滞在ビザと同様

 

6か月の滞在だけなら面倒でも短期滞在ビザを2回取った方が安く済みそうかと思いきや、私が6か月ビザの申請をした2019年12月23日時点では6ヶ月有効で78,715fCFAでした。6か月以上いるとなると、長期滞在ビザが圧倒的にお得ですね。ただし、同じくベナン在住日本人の噂では長期滞在ビザを取るのは短期滞在ビザに比べて困難とか。

 

私はビザ更新にとても手こずりました。ビザ申請は、移民局のビザ延長申請窓口でもらえる申請用紙にさらにパスポート情報などを書き込み必要書類と一緒に提出するのですが、私は申請の際に追加で職業証明と、ビザ申請の目的の詳しい理由書の提出を求められました

 

詳しい理由書は移民局長に見てもらう必要があるとのことだったので、秘書室に書類を提出しました。「写真や指紋をとるのと、支払いをするので明日また来て」とのこと。が、ここからが問題でした。

 

その翌日に戻っても、翌々日に行っても「局長がまだ書類を見ていないからもう少し待て」と言われるばかり…。更新前のビザが1週間後に切れてしまう危機もありめちゃめちゃ焦っていたので、結局日本大使館にお力添え頂き、書類を処理してもらいました。

 

秘書室に書類を提出してから1週間後、やっと指紋採取、写真撮影、ビザ代支払いを終わらせて領収書をもらいました。その日の夕方に、領収書を受け取り窓口に持って行ったら「少し待て」と言われ、1時間ほど待ちましたが無事にビザが発効されました。

f:id:RicaH:20191223224838j:plain

ビザ代支払い後にもらった領収書

1週間かかったのに、結局登録と発効は一日で終わるという 。何はともあれ最終手段のトーゴ入国を使わずに済んだし、心配していたわいろの要求もなくて良かったです。

 

(3)短期就労ビザ

有効期間 3か月
値段   59,036fCFA(90ユーロ)
必要書類 有効なパスポート、パスポートの身分証明ページのコピー、ホテルの予約証明または住居証明(attestation de résidence ;区役所で入手可能)、カラー証明写真1枚(背景は白)
条件   3ヶ月以上ベナンに連続で滞在しないが定期的に経済活動のためにベナンに来ること、仕事の関係での滞在をすること

 

(4)長期就労ビザ

有効期間 6か月
値段   78,715fCFA(120ユーロ)
必要書類 短期就労ビザと同様
条件   短期就労ビザと同様

 

4.長期滞在予定者の滞在カード申請の値段と必要書類

数年単位での長期滞在が見込まれる場合、長期滞在ビザを申請すると嫌がられるようです。その場合、滞在カード(carte de séjour)の申請が推奨されています

 

最短2年ベナンに住む予定の日本人の方が「次回は滞在カードを申請するように」と口酸っぱく言われたという話を聞いたほか、ビザ更新のために移民局に行った際、私の前の人が担当者から怒鳴られていました…。「2年も滞在するつもりで滞在カード持つつもりないってどういうことなん!?」と。Oh là là

 

ということで、滞在カードの申請についても見ておきましょう。

 

有効期間 1年(3回更新すると3年有効のカードが、何度も更新すると10年のカードが申請できるようになるらしい)
値段   75000fFCA(1年有効、2014年の情報)

必要書類

  1. 住居証明(市役所で入手するcertificat de résidence及び区役所で入手するattestation de ré²sidence)
  2. 指定のコトヌーの保健センターでの健康診断書(Centre de santé de la police Rép. Sis à Vêdoko、約15,000fCFA)
  3. 前科証明書(在コトヌー日本大使館で申請可。ただし取り寄せに2か月かかるリンク張る)
  4. ベナンでの職業証明書
  5. 証明写真4枚(背景は白)
  6. パスポート一冊まるごとのコピー
  7. 担保金
  8. 領事カード(carte consulaire?)

 

年を経ても滞在カードを申請するための必要書類にあまり変化はなさそうですが、金額はよく変わるとの声もありました。いかんせん見つかった情報が古いので、改めて移民局に直接聞くのが確実かと思います。

 

5.面倒くさいビザ更新の裏技「トーゴでe-visaを申請する」

ここまでビザ更新について情報をお伝えしてきましたが、正直私はかなりめんどうでした。

 

活動地ジュグーから10時間かけてバスでコトヌーに来て、ホテルに滞在し、毎日移民局に通いつめるということを一週間。しかも一週間で済んだのは、日本大使館のお力添えがあったからでした。移民局内部へのコネなしでビザを取得しようとなると、もっと時間がかかっていたことでしょう。

 

さて、実はこの煩雑なビザ更新を避けて合法にベナンに長期滞在する手段がひとつだけあるのです。それは、いったんベナンから外に出てe-visa(Accueil e-visa)を取得してまたベナンに再入国するというもの。

 

ベナンの西側に隣接するトーゴに陸路で入国する場合、日本人は国境でビザを取得できます。1週間有効で10,000fCFA程度とのことです。

 

ビザ更新を移民局で行おうとすると職業証明や住居証明などの書類が不可欠で、手間がかかります。書類を提出してもスムーズに発行されるとは限らない。そんな心配があるのなら、いっそのこと現在のビザが失効しそうなタイミングでトーゴに行き、トーゴでe-visaを申請、印刷してからベナンに帰ってくるのも一つの手です(力技ですが、合法)。 コトヌーからトーゴの首都ロメまでは3~4時間らしいですよ。

 

まとめ

個人でベナンで長期滞在者する日本人向けに、ビザ更新と滞在カード取得に関して日本語でまとめてみました。

 

アフリカが今後どんどん日本人に身近になるにつれて、西アフリカの中でも比較的治安のよいベナンで挑戦する日本人は増える予感がします。そんな方々のお力になったなら幸いです。