生きてればいいよ!

新卒で青年海外協力隊に参加。帰国後3ヶ月でまたベナンに戻って活動を続けている、そんな若者の生きざま。

おすすめの語学勉強法4つ。楽しく気楽に、でも上達したいあなたへ。

f:id:RicaH:20190917063320j:plain

 

Bonjour!

 

私は、西アフリカのベナンで2年間活動する中でフランス語を身につけました。英語に関しては、大学の頃に海外一人旅によく出かけていたおかげで、友達と楽しくおしゃべりする程度なら問題ありません。

 

今回の記事では、私がこれまでどんな風に語学を伸ばしてきたかを振り返って、おすすめの語学の勉強方法を4つご紹介します。キーワードは「楽しく、でも上達する」です!

 

もくじ

 

まずは文法書を一周

ちゃんと話せるようになるには、文法は避けられません。

 

また、文法を先にインプットしておくことで、これから出会うフレーズを文の構造からとらえることができるようになり、頭に残りやすくなります。また、スピーキングの際にも初めのうちは頭で組み立ててから声に出すのが自然ですね。

 

まずは一冊、文法書で勉強しましょう。ここさえこなすことができれば、あとはアウトプットで言語に慣れていくのがメインになります。ちなみにフランス語の私のおすすめ文法書はこちら。邪道ですがカタカナで発音が書いてあり、とても取り組みやすいデザインになっています。

 

 

とにかく話す

日本語の通じない友達を作ろう!

f:id:RicaH:20190917075519j:plain

インドネシアで友人のお家に泊めてもらった

文法の勉強をしたら、あるいは文法を学びつつでももちろん構いません!学んだことを、どんどんアウトプットしていき「自分の●●語でも通じる!!」という自信を得ましょう。

 

できれば学びたい言語を話し、かつ日本語が通じない友達を作りましょう。もし相手が日本語を話せたら、自信がないうちは日本語をしゃべってしまいがち。残念ながらそれでは勉強になりませんので、つたないながらも何とか伝えようとする姿勢と体力を早いうちに身につけておくとメキメキ伸びていくことは確実です。

 

「話す」という点に関して言えば、私が英語を学んだときは、海外を一人で旅して自分以外に頼れる人がいなかったことが大きかったですね。英語を自分で話さないと有益な情報を得られないし、旅を楽しむことができないと思っていたからです。フランス語も同様、ベナンで活動するにあたってフランス語が話せないのでは大したことができないから、とりあえずフランス語を話すことに慣れようと思って現地の人の輪にどっぷり漬かりました

 

おすすめアプリ1:Hello Talk(ハロートーク)

Hello Talkというアプリでは学びたい言語と話せる言語を登録するだけで、話し相手にふさわしい条件の人たちが絞り込まれて、気軽にチャットができます。課金しなくても、無料版で十分使えると思います。

 

www.hellotalk.com

 

無料の語学レッスンにも参加できます。また、Facebookのような掲示板の機能もあり、自分から発信したことに興味を持ってくれた人に連絡を取ってみるという使い方ができるので、知らない人にもアプローチしやすいかと思います。

 

おすすめアプリ2:Couchsurfing(カウチサーフィン)

Couchsurfingを通して、住んでいる地域の国際交流イベントに参加することができます。そもそも旅人と、旅人を受け入れたい人をつなげるアプリなのですが、ホストにまでならなくてもイベント参加だけでも可能です。

 

住んでいる市でイベントを探すと、色々な企画が見つかります。BBQやハイキング、カフェでおしゃべり、インド料理体験教室など様々。無料で登録、利用できますので興味があったらぜひ一度試してみてください。

 

Couchsurfingのホームページはこちら

https://www.couchsurfing.com/

 

歌を歌いまくる

          f:id:RicaH:20190917092045j:plain

好きな洋楽を、聞くだけではなく歌詞をすべて覚えるつもりで歌い込みましょう!!

 

私も、英語とフランス語の歌はyoutubeを活用して歌いまくりました。洋楽を何も見ずに歌える自分に酔ったりもします(笑)。

 

歌詞を見てわからない単語があれば、意味を覚える覚えないはひとまず置いておいて、その都度調べましょう。文法書や仕事の場面では出てこないようなスラングも歌には盛りだくさんなので、幅広くボキャブラリーが増えます。いや、歌のジャンルによっては偏るかも??

 

気を張って勉強ばかりしていては疲れてしまうので、一日一回歌うだけでもいいので学習言語に毎日ふれたいところです

 

映画を見る 

映画好きにはかなりオススメ。日本語字幕付きでもいいから、意味と照らし合わせて聞き取れるように映画を見ましょう

 

勉強するつもりがなくても、好きになった映画を何度も見ているうちに簡単な単語を覚えてしまうことすらあります。私はヒンディー語の勉強はしていませんが、インド映画を好きでよく見ます。ヒンディー語の簡単なよく使う表現は、なんとなく覚えてしまいました。これを読んでくれている皆さんにもインド映画にハマってほしいので、好きな映画の紹介記事のリンクを貼っておきます(笑)。

www.ricahirao.work

 

また、学習している言語にある程度慣れてきたら、字幕をその言語にして映画を見るのもおすすめ。字幕のすべての単語の意味が分からなくても文脈から推測できるし、たとえば英語字幕で映画を見た経験は英語力の自信にもつながります。

 

ということで、英語字幕のおすすめインド映画の紹介記事のリンクを貼ります!(笑)

www.ricahirao.work

 

 

まとめ

  •  文法の勉強は怠ってはいけない。
  • アウトプットはおしゃべりや歌で楽しく!
  • 聞き取りや速読には映画鑑賞もおすすめ。

 

語学に苦手意識をもたないためにも、とにかく楽しく気楽に学習言語にふれる機会を作るのがよいかと思います。勉強したての間は自分がうまく話せないことを馬鹿にする人もたまにいますが、相手にしないようにしましょう。

 

目指す語学レベルや使いたい場面(仕事や留学など)によって学ぶ語彙や聞き取る内容、聞きとらなければならない話し方など変わってくると思いますので、ネットを活用して色々な生の教材を手に入れるのも大切です!

 

話せる言語を増やして、広い世界をもっと冒険しましょう!!