生きてればいいよ。

新卒で青年海外協力隊。任期満了後もベナンで家庭ごみ収集屋をしている若者の生きざま。

日本のモスクに行ってみた -静岡県浜松市 浜松モスク-

2年間ベナンでイスラム教徒に囲まれて過ごしている中で、私にとってイスラム教がとても近いものになりました。

 

帰国後、日本のモスクや日本に住むイスラム教徒の人々を知りたいと思い、時間とお金とタイミングが合えばモスクを訪れています。今日は、そんなゆる~いモスク巡りで訪れた浜松モスクの紹介をします。

 

浜松モスクはこちら↓

 

ある金曜日の昼下がり

私は静岡県浜松市在住で、もっと言えば浜松モスクの近くに住んでいます。浜松モスクは20年ほど前からあるそうですが、最近までその存在すら知りませんでした。

f:id:RicaH:20190726172706j:plain

建物はモスクっぽくなく、ただの家

 

イスラム教徒の日々の礼拝の中で最も大切な、金曜午後の集団礼拝の時間帯に行きました。浜松モスクでは、金曜の礼拝は12時40分から始まります。

 

私がモスクに着いたのは12時半ころ。すでに駐車場はいっぱいで、もちろん人もいっぱい。モスクの向かいに広い駐車場を備えたスーパーがあるのですが、そこの駐車場も礼拝に来た方々の車でいっぱいでした。

 

事前にモスクの代表の方に電話をしていたので、彼にまず挨拶すべきだろうかとうろうろしていると、私に気が付いたあるおじさんが事情を聞いてくれ、「彼はそのうち来るからここで待ってて」と言いました。

 

言われた通りモスクの駐車場で突っ立っていると、インドネシア人の女性が私を心配して、彼女の車に乗せてくれました。この女性は既に家で礼拝を済ましてきたそうで、旦那さん待ちだと言っていました。私は礼拝の見学のためにモスクに行ったのですが、この方の厚意もあって、みなさんが礼拝している間は車の中で話を聞いていました。

 

礼拝が終わると、女性は作ってきたカレーとご飯をみなさんに配っていました。優しい。この方、浜松駅近くでインドネシア料理のお店をしているそうです(日曜のみオープン)。

tabelog.com

配布されたカレーが激辛だったらしく、パキスタン系の男の子がそれを食べて「うわ今日のカレーえぐ!」と言っていました。礼拝の後にはこうやってみんなでご飯を食べるのが慣例なんでしょうか。同じコミュニティの人が定期的に顔を合わせ、人の輪に囲まれた時間になるようです。

 

浜松のイスラム教徒が集まる場

モスクの代表者の男性に挨拶をすることができました。この方はバングラデュ出身。自動車の輸出入を仕事としていて、浜松に住んでかれこれ35年になるそうです。

 

浜松モスクには、主にインドネシア人、バングラデシュ人、パキスタン人、フィリピン人、そして日本人がお祈りに来るそうです。代表の方のように会社や飲食店を経営していたり、またスズキやヤマハの研修生として働いている人が多いとのこと。

ちなみに、浜松モスクの宗教指導者(イマーム)はパキスタンの方でした。

 

金曜礼拝では毎週100人から200人の人がモスクに来ます。建物の中だけでは納まりきらず、駐車場にビニールシートを敷き礼拝をしていました。この日の礼拝だけで120人ほど来ていたそうですが、女性は一人もおらず。女の人は家でお祈りをするそうです。

f:id:RicaH:20190726200446j:plain

建物の中の男性の礼拝スペース。

 

浜松モスクは、建物の規模は小さく見えますが、たくさんの人が集まる場所でした。ここに通い続ければ浜松のイスラム教徒の方々とは顔見知りになれそうな...

 

時間があったらまた来てみたいです。