生きてればいいよ!

新卒で青年海外協力隊に参加。帰国後3ヶ月でまたベナンに戻って活動を続けている、そんな若者の生きざま。

私のメンタルを追い詰めたベナンでのストレス3つ

 

こんにちは、Ricaです。

 

JICA海外協力隊の任期を終えて日本に帰ってきてから思い出すベナンの記憶は、割と楽しかったことが多いなあと思う今日この頃。パッと思い浮かぶ顔は嫌いな人より断然好きな人の顔だからでしょうか。

 

協力隊ってキラキラしてるイメージがあるかもしれませんが、実際はそうでもないです。渦中にいたときはムカつくことや気分を害することなんて日常茶飯事で、感情の起伏が激しいので毎度毎度エネルギーを消耗する日々でした。

 

今日は、そんな日々のストレスフルな出来事についてです。

(今回の記事はベナンにいる際のFacebookの投稿をベースにしたもので、まさに異文化に適応しようともがいている最中の私の気持ちです)

 

ストレス月間は、ベナンに来て5ヶ月目のことでした。

 

身体は元気でしたが、心はそう晴れ渡ってはいませんでした。
ベナン暮らしのストレスが溜まってきていました。いつもけっこう我慢してたんだなあと実感しました。

 

ストレス1.一日3回はお金やモノをねだられる
子どもも大人も私に「50フラン(10円)ちょうだい」「100フラン(20円)ちょうだい」とお金をねだります。 事例
  • 朝、肌寒くて上着着てると「上着ちょうだい」。上着ひとつしかないからと言うと、「じゃあ上着買うお金ちょうだい」
  • ひとりでごはん食べてると「俺の分は?」「俺の分も払ってくれるよね?」。
  • ボールペンを人に貸すと「これくれたんでしょ?ボールペン買うお金ないからこれちょうだい」。
  • 「お腹すいた」って言われたら「わたしも」って言っちゃダメで、「なんか買ってくるね」って言わなきゃいけないらしい。「お腹すいたから500フラン(100円)ちょうだい」もあるある。
  • 「日本連れてってくれるよね?」「日本までの航空券いくら?」「日本行ったら家泊めてくれる?」も最低1週間に一回。どこまで本気ですか?
  • 「あなたお金くれなかったからもう友達じゃないよ」とか言われる。え??わたしもあなたと友達になりたくないよ。じゃあね。実際にこう言っちゃう。(笑)
  

ねぇ、わたしは財布ですか?

あなたが見てるのは、私じゃなくてお金?

 悲しかった。 

 

 ストレス2.「こっち来い」
街を歩いてると人によく呼ばれます。わたしが日向を歩いてて呼んでくる人たちは、太陽の日差しを避けて日陰で座ってる人がほとんどなので、ある程度の距離があります。 

 

呼ばれるときにせめて「シノワ(中国人という意味)」でも言ってくれたらまだましですが、声をだすのがめんどうなのか、犬を呼ぶときにやるやつで呼ばれます。シーって、歯と歯の間から息をだすようなやつ。人呼ぶならせめてなんか言えやって思うのでした。


そして呼ばれて振り向くと、95パーセント「こっち来い」。暑いし、あなたのとこまで行くの遠いんだよ。私と話したいならあなたが来てくれませんか? こう言うと偉そうに聞こえるからあんま言いたくないんだけど。(ちなみに犬はシーっで呼ばずにチュッチュッチュってやつで呼ぶらしい。) 

 

「こっち来い」って言われるのは私だけじゃなくて、子どもとか、頭にもの乗せて売り歩いてる人とかです。年齢での縦社会が強いから、子どもや若者はパシられるパシられる。


また、一般に女性の方が男性より立場が低いから、一個下の男にも「話したいことあるからこっち来い」と言われたことがあります。たかだか5mとかの距離で。そこから話せよって思うし、中間地点まで来てって言っても「ベナンでは男のほうが偉いから俺は動かない。来い」。

えぇー、キミ私より年下やん(心の声)。

 

郷に入れば郷に従えというけど、あくまでも私は日本人で、私が育ってきた環境とあまりにも違うので当時はベナンで生きてるだけでも難しかったです。 「こっち来い」っていうの、大人の真似して子どもたちが私にも言うのがまた腹立つんですよね。子どもたちのときは、「わたしは行かないからきみが来い」って迷わず返すけど。

 

 

 ストレス3.言ったことを繰り返して笑う
私のフランス語の発音がよくないのか、私が言った言葉を真似して、変な風にわざわざ言い直されることがよくありました。1日1回は絶対にこれに出くわしました。


特に、ジュグーで話される主要現地語のひとつであるデンディー語を私が話すときは、フランス語の比じゃなく馬鹿にされるのです。普段はポジティブに「現地語を話したから喜んでくれている」と考えることにしていました。今考えると当時の私優しすぎ(笑)。

 

デンディーの文化として、年上に挨拶するとき膝を曲げて姿勢を低くするのですが、私がそれをやったときも何がおかしかったのか、毎回毎回会うたびに私のやり方を真似するとか。馬鹿にされるの日常茶飯事すぎてもはや慣れました。

f:id:RicaH:20190718100612j:plain

私がベナンにいた2年間で最も腹を立てた相手と私。なんだかんだたまに優しいので友達だった
いや、慣れたけど、やっぱ腹立つものは腹立ちます。馬鹿にして笑ってないで正しいの教えてよって思います。 

 

 


実は3つなんかじゃなくもっと書けますが、ここでストップ。
特に異文化でストレスフルなことに対して怒ってたら超楽だけど、怒ったり非難したり軽蔑したりしてるうちは、人間の心理として相手のこと理解しようとしないらしいです。 

 

1も2も3もたぶん全然悪気はなくて、実際に私はベナンでは金持ちの部類だし、「こっち来い」に関しては外国人だからって特別視されるより断然いいし、外国人すら珍しいのに外国人が自分たちのやり方やってるのって面白くて、変に映るんだろうな。 

 

わかるから、腹立っても嫌いにはなれなかったんです。

ただしめっちゃ腹は立ちます。

 

それにしても私、優しすぎ。