生きてればいいよ!

新卒で青年海外協力隊に参加。帰国後3ヶ月でまたベナンに戻って活動を続けている、そんな若者の生きざま。

「郷に入れば郷に従え」ではない。外国人として異国に暮らして思ったこと。

郷に入れば郷に従え。 よそのコミュニティでは、そこのやり方に合わせるべきだという考え方です。たしかに新参者を受け入れる側としては、自分たちのやり方に倣ってくれるのなら親近感を持てますよね。でも、私は必ずしも「郷に入れば郷に従え」が正義ではな…

【海外での安全対策】知らない人についていく?ついていかない?あなた次第。

「知らない人についていくな」。 幼いころ、両親からこう言われたことがある人は多いと思います。それは身を守るためで、防げる犯罪被害にあわないため。ですが思い返してみれば、大学入学以降に海外渡航を繰り返していた私はいつからか知らない人についてい…

「食事は外交」から見る、最近の私の対人関係のあり方。

「生きることは食べること」と数か月前まで言っていた私がいなくなりました。 最近、誰かと向き合っているとき、常に「この人からどんな情報を得られるか?」「この人にどんな風に動いてもらえるか?」ばかり考えています。典型的な例が、「食事は外交」だと…

アフリカで感じる「○○していきな!」な優しさ3つ

アフリカ、ベナンでの生活も3年目に入りました。 ベナンに暮らしていて、私にとって大変な文化や環境はときどきありますが、地元の人たちとのかかわりの中で心温まる出来事も頻繁にあります。 今回は、日常での心温まる、地元の人たちの3つの優しさについて…

NGO登録準備中!仲間が加わり、チームで働く意味を強く感じる。

現在、相方ダウダが代表を務めるNGOの立ち上げ準備中。 日本のNPO法人の設立要件しかり、ベナンでNGOを立ち上げるのは一人ではできません。NGOの中心メンバーは最低3人必要です。私と相方ダウダだけではできないので、団体登録のための書類作成の傍ら、仲間…

その人は、対等に意見をくれるか?ともに活動する仲間との関係で注意したいこと

ここ最近、相方のダウダとは私の家で話すことが増えました。 昨日は、これからともに活動する仲間選びに関しての話を中心に1時間ほど議論。ダウダと話していて、同期のある協力隊員の言葉を思い出したので、それについて少し書こうと思います。 「対等な立場…

日本から支えてくれる友人がいる有難さ

西アフリカ、ベナンでNGOの立ち上げ準備中。 今後の事業のもっとも重要な初期投資であるゴミ収集車選びも、相方と相談しながらではありますが、私が最終的な決定権を持っています。 私一人では常に冷静に考えることができず、日本にいる友人に相談することが…

ベナン人は木の枝で歯をみがく!?

協力隊員として、西アフリカ・ベナンで活動していた時のこと。 ある朝、いつものように家から市役所まで歩いて出勤していると、木の枝を口にくわえた人がやたらと目に付く…!なんと、木の枝で歯を磨いているらしい。 気になったので、ベナン人の歯磨きについ…

ベナンでゴミ収集車選び!車体を選ぶときに注目するポイントは?

こんにちは。 これから家庭ゴミ収集事業をベナンで始めようと、一週間ほど前からベナンに来ております。事業の初期投資として欠かせないのが、ゴミ収集車。車体もいろいろあり、一番のおすすめは中国メーカーのAPSONICという話も。 今回の記事では、先日現物…

カルチャーショックの再来?改めて驚いた、ゴミや野外排泄の現状

2019年7月までの2年間、私はベナンに住んでいました。 2年間住んだ国なので、戻ってきてもまた難なくなじめるだろう。そんな風に思っていました。しかし、3ヶ月間ベナンを離れている間に私自身もすっかり変わり、2年間ぶっ通しで住んだ数か月前の自分とは違…

品格ある人はデキる人!一目置かれる存在になれる振る舞いとは?

デキる人とはどのような人でしょうか? 私は、品格ある人だと思います。品格が相手への信頼を生み、他人を動かし、仕事がうまく回っていくことに大きく貢献していると思います。私のまわりにもちらほら、そんなデキる方々がいます。 今回の記事では、私の身…

ベナンのイスラム教徒の結婚式に呼んでもらった!当日の様子をご紹介。

新郎宅に向かう新婦(白いヴェールの女性) 結婚式は、宗教やその国のやり方により様々です。 日本で結婚式というとホテルや結婚式場で挙げるイメージがありますね。私が住んでいる西アフリカのベナンでは、一昔前の日本の結婚のように、新婦がみんなに囲ま…

ベナン国内旅行!長距離バスの乗り方や気を付けるポイントは?

ベナンの郵便局(La Poste)が運営している長距離バス 先日、ベナン北部での私の生活が3年目に突入しました。 そもそもベナンに旅行で来る日本人は多くないのですが、最近ではバスケの八村塁さんの活躍もあってベナンの知名度も上がってきているように感じます…

ベナン入り前のヨーロッパで考えたこと。そして今、思うこと。

ブリュッセルからコトヌーへ向かう途中、眼下に広がるサハラ砂漠 こんにちは。 ここ10日間ほどブログから離れていたので、久しぶりの記事更新です。というのも、用事があってヨーロッパを回っていたのでした。 昨日やっと、ヨーロッパを後にして目的地ベナン…

よこはま動物園ズーラシアから学ぶ、アフリカの現状

よこはま動物園ズーラシアに行きました。 日本の動物園にいる動物たちは、どこから来ているかご存知ですか。 動物園で生まれた動物もいますが、海外から連れてきた動物たちもいます。その点で、先日家族と行ったよこはま動物園ズーラシアで想像以上にアフリ…

フレンドファンディングアプリpolcaで初めて企画を立てました!!

私(後列左)と、相方(後列中央) 2年間JICA海外協力隊として活動した西アフリカ・ベナンに、来月また戻ります。 戻ってまた活動するのは、自分のためです。 協力隊として一緒に活動したベナン人の相方のやる気と能力をこのまま放っておくのは悔しい。 私も…

迷うなら応募してほしい。JICA海外協力隊をオススメする理由

JICA海外協力隊。 JICA(国際協力機構)がこれまで4万5千人以上の日本人を発展途上国に派遣してきた制度です。聞いたことがあって興味があるけど、発展途上国に2年は不安… そんな風に思う方もいるのではないかと思います。 今回の記事では、迷っているなら…

ベナンとの関わりで、ワクワクはほどほどでもいい。

疲れたら休むのがいちばん 「私はもう、ベナンでの活動のことを考えてもワクワクしなくなったのかな」。 先日の静岡県庁での帰国報告会でふと思ったこんなことが数日間もずっと頭に残っていて、不安な気持ちになりました。日本に帰ってきて、実家で暮らして…

おすすめの語学勉強法4つ。楽しく気楽に、でも上達したいあなたへ。

Bonjour! 私は、西アフリカのベナンで2年間活動する中でフランス語を身につけました。英語に関しては、大学の頃に海外一人旅によく出かけていたおかげで、友達と楽しくおしゃべりする程度なら問題ありません。 今回の記事では、私がこれまでどんな風に語学…

静岡でつながる国際協力の輪!静岡県庁でのJICA海外協力隊帰国報告会に参加。

9月16日(日)、静岡県庁でのJICA海外協力隊帰国報告会に参加してきました。 一年に一回のこの報告会。久々に会う同期隊員とのおしゃべりや、初めましての帰国隊員とのおしゃべりが楽しかった一日でした。協力隊に応募しようと思っている方々とも交流でき、…

日本・ベナン間でのコミュニケーションが大変な件

どうも。 今日は、ここ数日苦戦している「ベナンにいる相方とのコミュニケーション」について、ゆるゆると書いていきます。たまには気を抜いて記事書いてもいいよねってことで。ゆるゆる読んでください。 もくじ まず前提として、ベナンと連絡を取らなければ…

【ベナンのお仕事紹介】水洗トイレの汲み取り

世界には、様々なトイレがあります。 「ぼっとん便所」を卒業した地域はだいたい、より衛生的な「水洗トイレ」へと移行します。水洗トイレといえば、汚水は下水処理場まで行き処理されると思う方が多いかもしれませんが、下水道が通っていなくても水洗トイレ…

記憶喪失の男の復讐劇!?アーミル・カーン主演のインド映画GHAJINI(ガジニ)のおすすめポイント

インド映画、GHAJINI(ガジニ)。 インドの国民的人気俳優アーミル・カーン主演の映画で、彼が演じるのは15分ごとに記憶を失ってしまう障害を抱えた男性。亡くなった恋人の復讐のため、ある人物を狙っているとか。 GHAJINIは、インド映画の中で私が2番目に好…

真似してみたい!フランス語での愛しい人の呼び方8選

西アフリカ、ベナンでフランス語を習得したRicaです。 フランス語は日本人にはなじみがありませんが、Bonjour(ボンジュール)やJe t'aime(ジュ テーム)などは聞いたことがありますよね。日本語の「愛してる」を意味するJe t'aimeというフレーズが知られて…

ベナンに戻って何するの?絶賛悩み中のアイディアを公開!

2019年7月まで活動していたベナンに戻って、興味はあったけど手を出さなかったことに取り組みます。現地の青年をサポートする形で活動したい。日本にいる今は、彼とwhatsappで連絡を取りながら何をするか決めている最中なのですが… 彼との関わり方について悩…

アフリカのベネチア!?ベナンが誇る観光地、水上都市ガンビエ

ベネチアといえばイタリアの人気都市で、またの名を「水の都」。 実は西アフリカのベナンに、「アフリカのベネチア」と呼ばれる町があるんです…! それが、水上都市ガンビエ! 今回は、ガンビエの風景や歴史、行き方をご紹介します。 もくじ 「アフリカのベ…

言葉がない作品?インド映画「バルフィ!人生に唄えば」のキャストや感想をご紹介!

日本でも公開されたインド映画『バルフィ!人生に唄えば』。 数あるインド映画の中でも、ストーリーやそれぞれの役の感情に共感する人続出の作品のようです。ろうあ者の主人公と、自閉症のヒロインの「言葉がない」関係の話だとか…! 今回の記事では、そんな…

JICA海外協力隊の、派遣国での生活ってどんなの?一日のスケジュールをご紹介! 

JICA海外協力隊の活動報告のイベントは時々ありますが、派遣された国で具体的にどんな風に生活していたかってあんまりオープンになっていないように思います。 一日どういう風に過ごして、どんなもの食べて… など。 「JICA海外協力隊として派遣されてみたい…

名古屋に国際協力の風が吹く!JICA中部にて協力隊帰国報告会を実施

ベナンから帰ってきて2か月弱。 名古屋にあるJICA中部にて、帰国報告をしてきました! 今回の記事は、「協力隊の話を聞きたいけど、こういうイベントに参加して何か得られるのかな?」という方に届けばいいな、と思います。 当日の様子を紹介しつつ、「気負…

JICA海外協力隊、帰国後のキャリア支援はあるの?帰国後研修に参加した!

発展途上国で2年間働く経験を積める、JICA海外協力隊。 海外で働いてみたい人や、国際協力のキャリアに興味のある人からしたら気になる制度ですよね。でも、「日本に帰国してからはJICAからのサポートとかあるの?」そんな疑問を持つ方もいることと思います…