生きてればいいよ!

新卒で青年海外協力隊。帰国後もベナンで家庭ゴミ収集屋をしている、そんな若者の生きざま。

アフリカのベネチア!?ベナンが誇る観光地、水上都市ガンビエ

ベネチアといえばイタリアの人気都市で、またの名を「水の都」。 実は西アフリカのベナンに、「アフリカのベネチア」と呼ばれる町があるんです…! それが、水上都市ガンビエ! 今回は、ガンビエの風景や歴史、行き方をご紹介します。 もくじ 「アフリカのベ…

JICA海外協力隊の、派遣国での生活ってどんなの?一日のスケジュールをご紹介! 

JICA海外協力隊の活動報告のイベントは時々ありますが、派遣された国で具体的にどんな風に生活していたかってあんまりオープンになっていないように思います。 一日どういう風に過ごして、どんなもの食べて… など。 「JICA海外協力隊として派遣されてみたい…

アフリカで犬に追いかけられ、本気で「私は狂犬病で終わった」と思った

ベナンでの出来事を振り返ると、色々あったなあと思います。 嬉しいこと、楽しいこと、悲しいこと、腹立たしいこと。そして、身の危険を感じたこと。 えっ? 今日はこちらの「身の危険を感じたこと」を記事にします。 犬に追いかけられた土曜日の朝 あれ?あ…

西アフリカ、ベナンを支える一大産業【コットン工場】の様子を公開!

JICA海外協力隊としてベナンにいた際、なかなか普通の日本人が経験しないであろうことを経験しました。現地の言葉が話せて、現地に人脈があるというのはやはり長期滞在者の強みです。 その一例として、ベナンにあるコットン工場に行った時の様子を今回の記事…

【アフリカ食文化】中央アフリカ、ガボンで食べられる料理

こんにちは。 JICA海外協力隊時代に一度、中央アフリカのガボンという国に行ったことがありました。ガボンとベナンはたかだか飛行機で1時間半ほどの距離なんですが、ベナンでは見かけない料理を多く見かけて、興味深かったのを覚えています。 ちなみに西アフ…

【途上国のパーソナルスペース】アフリカで「近すぎて」つらかったエピソード

最近は、海外でボランティア活動をする大学生が増えていますね。素晴らしい志です。 そんな、途上国で数日間~数週間ボランティア活動をして帰ってきた彼らの多くが口にするのは、「途上国では日本よりも人と人との距離が近くて、とても温かかった!大好き!…

アフリカの服ってどんな感じ?-西アフリカ、ベナン-

西アフリカ、ベナンという国で、ベナン男子・ベナン女子がの服装を紹介します。アフリカ布で作るベナンの服は、特注が基本。みんなどんな服を着るのでしょうか。

アフリカのサファリが超おすすめ!! -ベナン、ペンジャリ国立公園-

動物園は臭くて苦手というあなたに、本場アフリカのサファリをおすすめします。私が、ベナン北部にあるペンジャリ国立公園に行った時のお話。

Bonjour! 西アフリカ、ベナンのマルシェ(市場)をお散歩してみた。

日本のコンビニやスーパーマーケットとは似ても似つかない、アフリカの市場の様子を紹介します。

アフリカの人の髪型ってどんな感じ?-西アフリカ、ベナン-

想像すらしたことがないかもしれませんが、アフリカの人たちの髪型ってバリエーションに富んで奥が深いのです。ベナン男子、ベナン女子の髪型を紹介します。

【アフリカ食文化】西アフリカ、ベナンで食べるべきおすすめローカルフード4つ

西アフリカのベナンで食べられるおいしい食べ物を3つ紹介します。トウモロコシ粉のどろどろ汁、ヤム芋を突いたもの、トウモロコシ粉を練ったもの、の3つです。

完璧主義者だった私が頑張るのをやめて、アフリカで自分を好きになれたわけ

ベナンでの生活、活動を通して自分が 典型的な完璧主義だと気付いた私が、その後どう変わったか。

アフリカ、ベナンで過ごす断食明け大祭

イスラム教に馴染みがない人でも、ラマダン(断食月)という言葉は聞いたことがあると思います。精神面のトレーニングのために一か月間、日が昇っている間は飲み食いをしないことで有名ですね。 断食月が終わると、イスラム教徒はみんなでお祝いし、神に感謝…

アフリカ、ガボンの観光地ニョニエ。サファリあり、リゾートあり!!

中部アフリカ、ガボンという国を聞いたことがありますか。 JICA海外協力隊としてベナンに派遣されていた間、休暇をとってガボンに行きました。国内面積の80%は森林という、自然に恵まれた国。10以上の国立自然公園があることでも有名です。 ガボンで行ったニ…

アフリカの村ってどんな感じ?-ベナン、オタマリ族の村-

ベナンにいた頃、私の家は都市部にあったので週末を利用して近くの村に行くのが楽しみの一つだったりしました。 村の風景ってやっぱり、「ザ・アフリカ!」って感じで面白かったんですよね。 今回は、私が住んでいたジュグーから車で1時間半ほどのKossokoua…

ボランティアとしてベナンで活動していた私も、ベナン人を見下しているかもしれないと思った

世間では、聖人のようなイメージが付きまとう「ボランティア」という言葉。ボランティアとしてアフリカに行った私が、自分の中のアフリカ人蔑視の感情に気づいてしまった話。

アフリカ、ベナンで過ごすイスラム教犠牲祭

こんにちは、Ricaです。 これまでの記事では宗教的な事柄については言及してきませんでしたが、今回のテーマはイスラム教の年間二大ビッグイベントのひとつ、「イードル・アドハ(犠牲祭)」についてです。 ベナン全体でみると国民の半数程度を占めるのはキ…

冗談を言うのもベナンの文化!だって笑ったほうが楽しくない?

前の記事で、ベナンで過ごす中でのストレスについて書きました。 ricahirao.hateblo.jp ストレスの1つ目に「お金やモノをねだられる」と書いていますが、 お金やモノをねだってくるけど相手は必ずしも本気ではないパターンがあるんです。 じゃあねだってくる…

はじめての割礼

2017年12月31日、私は割礼を初めて生で見ました。 衝撃的でした。 割礼とは、男子の性器の包皮の一部を切除する風習です。 その存在を私が初めて知ったのは2017年1月。大学の卒業旅行と称して中央アジアのカザフスタンという国に行った時でした。カザフスタ…

私のメンタルを追い詰めたベナンでのストレス3つ

こんにちは、Ricaです。 JICA海外協力隊の任期を終えて日本に帰ってきてから思い出すベナンの記憶は、割と楽しかったことが多いなあと思う今日この頃。パッと思い浮かぶ顔は嫌いな人より断然好きな人の顔だからでしょうか。 協力隊ってキラキラしてるイメー…