生きてればいいよ!

新卒で青年海外協力隊。帰国後もベナンで家庭ゴミ収集屋をしている、そんな若者の生きざま。

大学院修士1年の前期が終わった

修士一年目の前期が終わりました。 4月の入学以降、やりたい勉強、つくりたい書類、練りたい計画が毎日たくさんあって、それだけに没頭していました。と書くつもりでしたが、正しくはそれだけではありませんでした。人との関わりに心がざわついたり、奮い立…

学際的研究を謳う大学院での「理系」と「文系」、あとわたし

大学院に入学してからもうすぐ3ヶ月が経とうとしています。 タイトルにもある通り、私が所属する研究科は研究の学際性を特長のひとつとしており、私のように「文系」学部出身者も「理系」学部出身者も在籍しています。 この記事では、そんな学際研究を掲げる…

大学院入学から2か月のなんとなくの記録

2021年の4月、大学院修士課程の1年生になりました。 入学してから授業や課題や新しい土地での生活のことであわただしく、早くも2か月経っていました。 今日はゆっくりしたい気分なので、一息つきつつ今の気持ちを気分のままにつらつら書こうと思います。たい…

【初めての農業バイト】南房総での菜花の収穫バイトを終えて

千葉県南房総市での菜花の収穫アルバイトを終えて、地元に帰ってきました。 2020年12月からおよそ3か月間、農園の方々や全国から来たアルバイトの方々に大変お世話になりました。初めての土地で、初めての人たちと取り組んだ、初めての仕事でした。 3ヶ月の…

【初めての農業バイト】長時間労働の日々とメンタルコントロール

千葉県で菜花の収穫アルバイトを始めて、3か月弱が経ちました。 2月に入ってから出荷量が増え、それに伴い残業も増えてきました。連日にわたってこんなに長時間働いたことがない私は、人生で初めての感覚に直面しています。 今回の記事は、今の自分の身体や…

【NHK100分de名著】マルクス『資本論』をヒントに考え直す理想の在り方

資本主義の未来に、私たちみんなが幸せでいられる社会はあるのか。 NHKの「100分de名著」という番組では、そんなことを私たちに投げかけていました。それを考えるヒントとして紹介されたのは、19世紀を生きた革命家マルクスの著作『資本論』です。 今回の記…

【初めての農業バイト】千葉県での菜花の収穫

人生初めての農業バイトの日々を送っております。 私が関わっている西アフリカの国・ベナンや多くのアフリカ諸国では農業に従事する人の割合が非常に高いことから農業に興味を持ち、3か月間、千葉県で菜花の収穫のアルバイトをしています。 今回の記事では、…

2020年秋 ベナンでの活動にまつわる近況報告

ベナンでの状況に、立て続けにうれしい変化が生じてきています。 2020年秋の活動の進捗について、こちらの記事でまとめて報告しようと思います。 2020年9月 事務所の引っ越し完了 これまで事務所として使っていたジュグー第3区役所は、新市長ゴミナ・マリッ…

集めたごみはどこに捨てる?ベナンで「ごみ戦争」に直面

すっかりブログの更新が途絶えていました。 日本に帰ってきてから4か月半。新しいことを始めたりと、体力と時間の管理に苦戦しています。さて今回は、ベナンでのごみ収集活動で現在直面している問題についてです。 「うちの裏にごみを持ってくるな!」住民の…

【TEDオススメ】実は内向的な人こそ活躍できる世の中

人と話すのが得意ではない、内向的な人。 そう聞くと、どんなイメージが思い浮かぶでしょうか。 外交的な性格の方が評価される傾向にある世の中で、内向的な人の良さを力強く主張するTED動画があります。 今回は、スーザン・ケインのTED動画"The power of in…

【TEDオススメ】ひとつの天職がないマルチポテンシャライト(multipotentialite)な生き方って?

マルチポテンシャライト(Multipotentialite)。 興味関心の幅が広すぎてひとつに絞れない方は、専門性がないからダメ。ではなく、マルチに関心分野がある人は実はかなりのポテンシャルを秘めている。そんな考え方を言い表した造語です。 今回は、TEDの"Why …

日本で思う、私とベナンのベストな距離感

ベナンから急遽帰国して1か月。 実は今回のベナン滞在では、「ベナンから少し離れたいかも」と思っていた時期がありました。新型コロナウイルスの影響で予定より少し早くベナンを離れる形になり、現在日本からベナンの活動に関わっています。そんな今思う、…

【IELTS対策】オンライン英会話Best Teacherを1ヵ月使ってみた

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く毎日。私はステイホーム期間を利用してオンライン英会話に取り組んでいます。 試験対策のためにオンライン英会話を始めようとしている方向けに、Best Teacher(ベストティーチャー)というオンライン英会話のIELTS対…

新型コロナウイルスの影響でベナンから緊急帰国しました

4月5日、ベナンから日本に帰ってきました。 ベナンでこもって新型コロナウイルスが落ち着くのを待つつもりでしたが、外務省からアフリカにいる日本人への通達が届いたのをきっかけに、帰国を決断しました。 今回の記事では、帰国に至った考え、covid19による…

新型コロナにより全世界のJICA海外協力隊が帰国。なぜ?懸念事項は?

新型コロナウイルスがアフリカで急速に広がっていることから、JICA海外協力隊全員の一時帰国が決定しました。 各国でのクーデターや治安の悪化等により特定の国の隊員の緊急帰国はこれまでにも何度もありましたが、派遣中の隊員全員に一時帰国の措置をとるこ…

西アフリカ・ベナンでの新型コロナウイルスにまつわる状況

世界中で話題となっている新型コロナウイルス。 もともとは2020年1月に中国・武漢で流行したところから始まりましたが、それから2か月が経ちついにアフリカ大陸にも入り始めました。アフリカ大陸での新型コロナウイルス感染者は3月17日時点で、主にヨーロッ…

【Polca企画完了】家庭ゴミ収集のための三輪車を購入しました

Polcaでのクラウドファンディングから早5か月。 >>「ベナンの青年と家庭ゴミ収集をしたい!」との声に答えてくれた57名の皆様から頂いた15万4千円を活用し、先日私たちのゴミ収集車を購入しました!<< 今回の記事では皆様への再度のお礼もかねて、近況報…

ベナンに来て約4か月、亀の歩みでベナンでのNGOの登記完了!

西アフリカのベナンからこんにちは。 JICA海外協力隊の任期が終わった後も引き続きベナンで私が何をしているかというと、一緒に活動した若者たちが今後も継続して活躍できる基盤づくりをしています。2019年10月にベナンに戻ってきて、2020年1月末近く、やっ…

このブログのタイトル「生きてればいいよ!」に込めた思い

こんにちは。ベナンに戻ってきてもうすぐ4か月です。 ブログのタイトルって、文字通りブログの一番表の顔ですよね。タイトルから何についてのブログなのか分かると、とても便利です。私のブログのタイトルからは分かりませんが… 今日の記事では、このブログ…

西アフリカ、ベナン北部の観光地!?タネカココ村に行ってきた

先日、ベナン北部に位置するタネカココ村に観光に行ってきました。 アフリカと聞くと、なかなか観光のイメージは浮かばないかもしれません。今回訪れたタネカココ村には土壁の家々が立ち並び、自然に囲まれた伝統的な暮らしを見ることができる点で、外国人が…

どんな自分になりたい?なりたい自分を体現する人のそばに身を置こう。

12月下旬辺りからすこぶる心の調子がよく、毎日未来の自分のために闘う日々を送っています。 私は周囲からよく影響を受け、沈みに沈むこともよくありますが、逆に言うとそばにつねに刺激を与えてくれる人がいれば簡単にモチベーションを高く維持することがで…

2019年の振り返り

2019年ももうすぐで終わり。 ふだんは一年の振り返りはしないのですが、来年により高みを目指せるために心の整理もかねて、何があったか振り返ってみようと思います。 2019年何があった? 1月 学校対抗清掃コンクールに奔走2月 隊員総会で出前講座3月 隊員間…

西アフリカ、ベナンで過ごすクリスマス

ベナンで過ごすクリスマスも3回目になりました。 ベナンでもキリスト教徒中心に、クリスマスをお祝いします。ただ、日本のクリスマスとはちょっと雰囲気が違います。 今回は、私がベナン人のキリスト教徒の方とどのようにクリスマスを過ごしたかをご紹介しま…

一番の国際協力は、「その国を好きになること」?

少し前にこんなツイートをしました。 ぶっちゃけ「ベナン大好き!」って感情はない。日本をばかにされたり、お金くれって言われたり、ベナンのやり方押し付けたりされるから。でもベナンを離れたらまた恋しくなるんだろうな、この前みたいに。それで、人生で…

ベナンから、人生のすべてから逃げたくなってしまった。

ああ、精神的にまいっています。すべてから逃げたい、超ネガティブモード。 現在はビザ更新のために1週間ほど前から最大都市コトヌーに来ていますが、手続きがうまくいかず、さらに市役所の偉い人からも「もっと学ぼうとしろ」「こんなやり方じゃダメだ」と…

ベナンでのビザ更新の値段、必要書類は?どこでできる?

ベナンのビザ更新したぞーい 個人でベナンに入国して約3ヶ月が経ちました。 入国時に取得したビザがそろそろ期限切れになりそうなので、最大都市コトヌーにてビザ更新にやってまいりました。日本語でのベナンのビザ取得・更新情報がほぼ皆無なので、入国時の…

ゴミ収集NGO登記の書類を県庁に提出!

ベナンに戻ってきて2か月。「もう」2か月、「まだ」2か月。どちらの気持ちも入り混じっています。 さて先日、NGO立ち上げのための書類をついに県庁に提出してきました。県庁での書類審査が通れば内務省での審査、そしてそれに通ればようやく法人格を得られま…

アフリカでは、現地語か公用語どちらを話すべき?

多くの国には、現地のローカルな言語と、国が公用語として認めた言語があります。 植民地化された歴史のある国は、英語やフランス語、スペイン語などが公用語として残っていますね。私が現在住んでいる西アフリカ、ベナンでもフランス語を話します。 今回の…

「私は恵まれてる」は傲慢?お菓子を売るベナン人少年に同行して感じたこと。

海外、特に発展途上国に行くとよく見かけるのが、道端の物売りや屋台。 正規雇用がないので、自らお金を稼ぐ方法を探した結果です。ベナンでも、道端で物を売る人たちは多くいます。先日は、あるベナン人の少年がどんな風にお菓子を売っているのか興味があっ…

金の無心を断ったら「俺を見捨てた」?ベナンで感じるズルいお金の求め方

西アフリカ、ベナンで暮らしていて、援助慣れを感じる場面によく遭遇します。 このブログでも援助慣れについて以前にも書いたことがありますが、今回はベナン人同士での援助慣れについてです。そしてそんな人たちに対して私が思うことを書きます。 市役所の…