生きてればいいよ!

新卒で青年海外協力隊に参加。帰国後3ヶ月でまたベナンに戻って活動を続けている、そんな若者の生きざま。

アフリカでは、現地語か公用語どちらを話すべき?

多くの国には、現地のローカルな言語と、国が公用語として認めた言語があります。 植民地化された歴史のある国は、英語やフランス語、スペイン語などが公用語として残っていますね。私が現在住んでいる西アフリカ、ベナンでもフランス語を話します。 今回の…

「私は恵まれてる」は傲慢?お菓子を売るベナン人少年に同行して感じたこと。

海外、特に発展途上国に行くとよく見かけるのが、道端の物売りや屋台。 正規雇用がないので、自らお金を稼ぐ方法を探した結果です。ベナンでも、道端で物を売る人たちは多くいます。先日は、あるベナン人の少年がどんな風にお菓子を売っているのか興味があっ…

金の無心を断ったら「俺を見捨てた」?ベナンで感じるズルいお金の求め方

西アフリカ、ベナンで暮らしていて、援助慣れを感じる場面によく遭遇します。 このブログでも援助慣れについて以前にも書いたことがありますが、今回はベナン人同士での援助慣れについてです。そしてそんな人たちに対して私が思うことを書きます。 市役所の…

アフリカでのゴミ収集事情は?西アフリカ、ベナンの都市の家庭ゴミ収集を解説!

人口がうなぎ上りのアフリカの、ゴミ問題が話題になっています。 先日のTICAD(第7回アフリカ開発会議(TICAD7) | 外務省)でもゴミ問題は重視され、今後の廃棄物管理に関する方針などが協議されました。政策レベルでも取り上げられるゴミ問題ですが、すべ…

私たちのNGOで、初めての総会を開催!次は県庁への書類提出。

2度目のベナン暮らしもかれこれ1か月半になります。 ベナンに戻ってきて以来ずっとNGOの立ち上げ準備を行っているのですが、ようやく県庁への書類提出の前段階ともいえる総会開催までこぎつけました。 今回は、11月23日に開催したNGO設立のための総会と今後…

話せないやつは相手にされない!海外で仕事がしたければ語学は必須。

何のために語学の勉強をするか? 海外で生活してみたいから、自由に旅行に行きたいから、海外で仕事がしたいから…。理由はいろいろあると思いますが、海外で仕事をしたくて語学の勉強をしているのなら、語学は必須です。 私自身もベナンで働いて2年以上が経…

それって本当に援助慣れを生むの?モノやお金の援助が必要な時とは。

援助慣れ。 この言葉、聞いたことがあるでしょうか。外部者から援助されることに慣れ切って、当事者が課題解決への主体性を失った状態のことです。 お金やモノを与えることは援助慣れを生み出すと聞いたことがあったため、JICA海外協力隊としてベナンで活動…