生きてればいいよ。

新卒で青年海外協力隊。任期満了後もベナンで家庭ごみ収集屋をしている若者の生きざま。

私が目指すものは

先日のビジネスコンテストでピッチを見てくれた方から、私や他のファイナリストの方へこんな質問があった。 「みなさんの最終的な目標や夢は何ですか」 今回のビジネスコンテストや現在の大学院での日々から、色々なことを思う。 その時私は、「現在事業を行…

SDGsソーシャルビジネスコンテストへの初めての出場

昨日、ビジネスコンテストのファイナルピッチコンテストがありました。 ビジネスコンテストに出るのは初めてで、ベナンの事業についてピッチする機会をもらえて光栄でした。私たちの受賞はなりませんでしたが、今回の参加を通し初めてのことを多く経験し、前…

何のために研究やってるのかよくわからなくなった

大学院修士1年の10月下旬。 「何のために研究やってるのかよくわからなくなったので文章をしたためていたら、私が今やってることって私にとって必要なことだと気が付いた」という話。 *書き始め当初は「何のために研究やっているのかよくわからなかった」ん…

夢が膨らむポジティブな思考法は最強という話

私は現在修士課程の1年目で、普段2人の教員の方に研究の相談にのってもらっています。 今回は、その2人に共通する「思考をポジティブに膨らませるスキル」について、感じていることを言語化することを目的に書きます。 夢が膨らむポジティブな語り 整理する…

大学院修士1年の前期が終わった

修士一年目の前期が終わりました。 4月の入学以降、やりたい勉強、つくりたい書類、練りたい計画が毎日たくさんあって、それだけに没頭していました。と書くつもりでしたが、正しくはそれだけではありませんでした。人との関わりに心がざわついたり、奮い立…

学際的研究を謳う大学院での「理系」と「文系」、あとわたし

大学院に入学してからもうすぐ3ヶ月が経とうとしています。 タイトルにもある通り、私が所属する研究科は研究の学際性を特長のひとつとしており、私のように「文系」学部出身者も「理系」学部出身者も在籍しています。 この記事では、そんな学際研究を掲げる…

大学院入学から2か月のなんとなくの記録

2021年の4月、大学院修士課程の1年生になりました。 入学してから授業や課題や新しい土地での生活のことであわただしく、早くも2か月経っていました。 今日はゆっくりしたい気分なので、一息つきつつ今の気持ちを気分のままにつらつら書こうと思います。たい…